皮膚科専門オンライン診療サービス「ヒフメド」、診療枠を拡大し、医師の働き方改革に貢献

  • 投稿カテゴリー:お知らせ

株式会社Genon(本社:大阪市北区梅田、代表取締役社長:高原 千晶)の運営する皮フ科専門オンライン診療サービス「ヒフメド」に、新たに数名、育児休暇中の医師が診察医として加わりました。これにより、医師の働き方改革に貢献し、患者様へ対してはより柔軟な診療スケジュールを提供することが可能となります

子育て中の女性医師が抱える多くの課題

子育て中の女性医師は、仕事と育児の両立に多くの課題を抱えています。

具体的には、以下のような問題が挙げられます:

・子育てと仕事の両立が難しく、働ける場所が限られている。

・ブランクが生じやすく、キャリア形成に影響が出る。

・医師としてのキャリアを築こうとすると、子育てが犠牲になることが多い。

 

オンライン診療の利点

オンライン診療サービス「ヒフメド」は、これらの課題を解決するための新しい働き方を提供します。子育て中の医師が自宅で、自分の好きな時間に診察を行うことができるため、働きやすい環境が整っています。

副業で参加している医師が土日や平日夜の診療枠を多く提供する一方、今回のように平日日中を担当する子育て医師も参画したことで、患者様も柔軟に診察時間を選択することができます。

この取り組みにより、特定の時間帯に診察が集中することを避け、医師の負担を分散させることができます。患者様にとっても、無理のないスケジュールで診察を受けられるというメリットがあります。

今後の発展

ヒフメドは今後もサービスを拡大し、より多くの医師の活躍の場を広げて行く予定です。様々な境遇の医師が働きやすい環境作りを進め、柔軟な働き方を提案することで、医師と患者の双方にとって有益な環境を目指しています。

取り組みについて

「子育て中の医師の新規採用と診療枠の拡大により、働きやすい環境を整え、医師のキャリア形成を支援します。また、オンライン診療を通じて患者様のニーズにも応え、医療の質を向上させていきます」と、Genon代表取締役社長の高原 千晶氏は述べています。

 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000133353.html